破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 | 読書感想

読書
スポンサーリンク

破天荒フェニックス

内容紹介
僕は、「絶対に倒産する」と言われたオンデーズの社長になった。
企業とは、働くとは、仲間とは――。実話をもとにした、傑作エンターテイメントビジネス小説。

2008年2月。小さなデザイン会社を経営している田中修治は、ひとつの賭けに打って出る。それは、誰もが倒産すると言い切ったメガネチェーン「オンデーズ」の買収――。新社長として会社を生まれ変わらせ、世界進出を目指すという壮大な野望に燃える田中だったが、社長就任からわずか3カ月目にして「死刑宣告」を突き付けられる。しかしこれは、この先降りかかる試練の序章にすぎなかった……。
企業とは、働くとは、仲間とは――。実話をもとにした、傑作エンターテイメント小説。

内容(「BOOK」データベースより)
2008年2月。小さなデザイン会社を経営している田中修治(30歳)は、ひとつの賭けに打って出る。それは、誰もが倒産すると言い切ったメガネチェーン店「オンデーズ」の買収―。新社長として会社を生まれ変わらせ、世界進出を目指すという壮大な野望に燃えていたが、社長就任からわずか3か月目にして銀行から「死刑宣告」を突き付けられる。しかしこれは、この先降りかかる試練の序章に過ぎなかった…。

感想


とにかく読んでいると感動と興奮に巻き込まれる熱量が半端じゃない本。
エンターテイメント小説という立ち位置にしているので読みやすく、どっぷりと小説の世界にのめり込みながら自分がさもそこにいるかのような錯覚を覚えながら読み進めることができる。

先代の経営者が残していった負債の呪縛が何度も何度も経営難に陥れ、それを社員とともに何とか乗り切って成長していく絶望と希望の繰り返しのスリリングなストーリー。

経営者の人の人だけではなく、ブラック労働や社畜という言葉が世間を賑わしているが勤め人の人やフリーランスの人にも本を読み終わる頃には仕事に対する熱い気持ちや、盛り上がりを自分の中で再認識できモチベーションが上がるのではないかと確信する。

プロジェクトが間違えないように失敗しないよう心配してじっとしているのではなく、例え失敗したとしてもどんなに辛くても自分を信じて突き進むことの大切さの方が何倍も大切だと教えられた。
自分を信じて行動することでしか成功はない。

続編で資金繰りに幾度となく奮闘していた財務最高責任者である奥野さん目線の胃のキリキリするような物語を読んでみたい。

コメント