ARゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』 | リリースが待ち遠しくて仕方ない

Appleその他ガジェット
スポンサーリンク

ARゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』

ホーム – Harry Potter Wizards Unite
『ハリー・ポッター:魔法同盟』は、J.K.ローリングの魔法と冒険の世界や「ハリー・ポッター」シリーズを題材とする、位置情報サービスを利用したARゲームです。『Pokémon GO』、『Ingress』の制作で知られるNianticとWB Games San Franciscoがお届けします。

昨年11月に公式発表された『ハリー・ポッター:魔法同盟』は覚えているだろうか?

発表されて即事前登録を済ませたものの続報がなかなか来ず、まだかまだかとソワソワが止まらないワタクシです。

ARゲームといえばポケモンGO!街の至る所でプレイしている人がとてもたくさんいてその人気はとどまること知らず!
しかし、ハリーポッターはポケモンGOと並ぶか、それ以上のポテンシャルがあるのではないかと超期待している。

ポケモンGOをプレイしている人がこぞって魔法使いになっていくのを想像するだけでも楽しくないですか?

つい最近もYouTubeで動画の続編が公開されていたので遂に公開は近いのか?とソワソワが止まらない。ハリポタはよ!!

魔法使いの仲間をまだまだ募集しているっぽいので事前登録がまだの人は→『事前登録はこちら』

『ハリー・ポッター:魔法同盟』 インターナショナル ティザー トレーラー公開

魔法界発覚の危機!魔法使い諸君、集結せよ。 ワーナーとNianticが、最新のAR技術で現実世界を『ハリー・ポッター魔法ワールド』の世界に変える。

※公式YouTubeから

 

『ハリー・ポッター:魔法同盟』 魔法の痕跡レポート ニンバス編

数本の無人の魔法の箒がマグルの世界を暴走していると報告がありました。この他の予期せぬ魔法行為にも注意を払うために、国際機密保持法特別部隊に今すぐ登録しよう!

公式YouTubeから

『ハリー・ポッター:魔法同盟』 魔法の痕跡レポート ニフラー編

ガリオン金貨に似たコインを溜めこんでいるいたずらっ子のニフラー二フラーが、イギリスのゲームセンターで発見された。 魔法界発覚の危機迫る! 集結せよ、魔法同盟!

※公式YouTubeから

『リリースから引用』

ワーナー・ブラザース テレビジョン&ホームエンターテイメント(東京都港区シニアバイスプレジデント上席執行役員小田充)、とNiantic, Inc.は、本日、最新のAR(拡張現実)技術を使って、魔法を世界中の人々の身近なものにできるモバイルゲーム、『Harry Potter: Wizards UniteTM』(原題)が、邦題『ハリー・ポッター:魔法同盟』 に決定したことを発表いたしました。また、あわせてインターナショナルティザートレーラーを公開しております。本ゲームは 2019 年に配信開始を予定しています。

WB Games San Francisco(Warner Bros. Interactive Entertainmentの一部門)と Nianticが共同開発し、 Nianticが配信する『ハリー・ポッター:魔法同盟』は、「Portkey Games」レーベルのゲームです。同レーベルは 「ハリー・ポッター」、「ファンタスティック・ビースト」の「魔法ワールド(Wizarding World)」を題材にしたコンソールゲームとモバイル体験を提供しています。

『ハリー・ポッター:魔法同盟』では、プレイヤーは世界の謎を解き明かし、呪文を唱え、魔法動物やおなじみのキャラクターに出会いながら、現実世界の冒険に出ることができます。

コメント