知識ゼロから独学で機械学習を学ぶ最初からやれば良かった順序Part,2

プログラミング

知識ゼロから独学で機械学習を学ぶ最初からやれば良かった順序
機械学習プログラミングを学ぶというのは初めてプログラミングを学ぶ人、やってみようかなと考えている人にとって何からやればいいのか?数学はひさしぶりで思い出すのが、、というのが踏み出すハードルになっているのではないかと感じる。僕...
スポンサーリンク

機械学習を学ぶモチベーションが上がる書籍

人工知能の第一人者である松尾先生の著書。

人工知能の歴史、これからの人工知能の未来についてとてもわかりやすく解説されていて、これまでの人工知能の課題が何で、それがディープラーニングによってどう解決されたのかを理解することができる。

読むにあたり数学の知識は特にいらないので機械学習を始めてみようかな?という人や、AIってなに?という人が最初に読んでみる本としては最高の一冊じゃないかと思う。

機械学習の勉強をはしているけど結局これは実際のビジネスでどう使えばいいの?という疑問に、実際のビジネスにデータサイエンスをどのように活用しているのかを実例も交えながらビジネスへの実現方法まで解説している一冊。

機械学習を『眠らないウサギ』と表現したり上手い例えで一気に引き込まれる。

Webサービスで学習した後に取り組んで良かった書籍

Progate、AidemyなどのWebサービスなどで全体的に出来ることを把握して、キカガクの脱ブラックボックス初級、中級で数学、統計を学んだ後で取り組むと内容がしっかり理解できるのでオススメ。(先に書籍から入ると心が折れるので。。実際になんども折られている)

実際に手を動かしながらタイトルにもあるようにゼロからディープラーニングを実装できる。書籍の中にも数学の解説はあるが若干わかりにくいので、キカガクで数学をある程度理解しておくのがオススメ。

機械学習やディープラーニングは結局のところ中身どうなってんの?ってなりがちだけど順番に実装していくことで『そういうことか!!!!!』とアハ体験ができる。基礎固めに最適!!

コメント