『ドラゴン堀江』中学生の子供の勉強のやる気が凄まじくアップした件

ブログ

子供の勉強のやる気を上げようとしても難しいと感じている親御さんは多いのではないかと思う。

『勉強しろ』といったところでやる気が出るわけはない。自分が学生だった頃を思い出してほしいどんなに勉強しろと言われても勉強するモチベーションが上がらなかったのではないだろうか?

だいたい勉強が好きな子供は親が勉強しろと言わなくても勝手に勉強している。

勉強をなかなかやらない子供のモチベーションを上げる方法として僕自身が実践してみたのは以下の3つ

  1. 勉強をする方法を実際にやってみた動画を見せる
  2. わかりやすい授業を受けさせる
  3. 手助けはするが口を出さない

この3つをやってみた結果、子供の勉強する意欲は維持できていると思う。

スポンサーリンク

勉強をする方法を実際にやってみた動画を見せる

これをやってみるきっかけとなった動画がこちら

ドラゴン堀江

実業家・堀江貴文の挑戦に、「AbemaTV」が密着! 独自の“堀江メソッド”で、若手タレントを「東大合格」へと導く! 高校3年生の夏の時点で“F判定”だったにも関わらず、 見事、東京大学文学部の現役合格を果たした堀江さんが、たった半年間という短い期間で若手タレントたちを独自の“堀江メソッド”により学習方法や勉強時間を徹底管理された勉強中心の生活を送りながら、 大学受験の“最難関”と呼ばれる東京大学への合格へと導く受験ドキュメンタリー。 さらに、番組内では堀江さんの勉強方法も公開し、 受験生や学生たちにとっても「上質な勉強方法」を学べるプログラムを提供します。 果たしてどんな結末を迎えるのか!? 原作/三田紀房「ドラゴン桜」 ©︎三田紀房/コルク

漫画でもおなじみの「ドラゴン桜」からスピンオフした動画なのだけどとても面白いので是非みてほしい。

勉強から離れた大人が堀江さんのメソッドを実践して東大を目指すというストーリーなのだが苦手分野や得点の取り方を学び、センター試験の偏差値がどんどん上がっていく様子を子供が目の当たりにして勉強してみようと思うきっかけになるはず。

また堀江さんのズバッと『出来る!』と言い切る言葉が爽快。

全員東大に無事合格できるのか?この先の展開がとても楽しみだ。

わかりやすい授業を受けさせる

子供のやる気が出たところでどうすれば持続するか?だけど継続するためには

  • 解説がわかりやすく理解することができる先生に教えてもらう
  • 勉強内容が理解できて実際に自分で問題を解くことができる

が重要なのではないかと思う。そもそも、学校や塾の先生は教え方がうまい先生ばかりだとは限らない。(中には教え方がうまい先生もいるとは思うけど…)

わからないことが増えてしまっているため勉強する意欲を失ってしまい、分からないことを難解な言葉で説明されてもますます分からなくなるの負のエンドレスループ。

だったら、教え方が上手だと評価されている先生の授業を受けさせればいいのだが有名な家庭教師の先生や進学塾は入会金だけでも高額でそれに加えて授業料も高額な場合が多い。

しかも子供がその環境に合うかどうかなんて分からないので手軽に試してみるというのは難しいのではないだろうか?

そこで手軽かつ最高の講師陣がそろっていると評判のスタディサプリは最高の選択肢の一つになる。

スタディサプリはリクルートが提供しているサービスで過去のNewsPicksの記事にも紹介され大人の学び直しにもなると絶賛されている。

【佐藤優】私がスタディサプリを「学び直し」に使う理由

(※会員限定記事のためみるには会員になる必要がある)

実際にスタディサプリを契約して視聴してみたのだが素晴らしくわかりやすかった。

講師陣が凄すぎて難しい内容や理解しにくいことでも噛み砕いた解説で簡単に理解ができるため、子供も積極的に視聴しながら学部ことができているのでとてもいい選択だったと思う。素晴らしい講師は難しい内容でも誰にでもわかる言葉で解説できるのが本物の講師だというのが実感できる。これで月額980円は破格に安い。

スタディサプリの講師陣

また子供が勉強した内容が翌日に登録しているメールアドレスに届くのでどこを学習しているか?どの分野を時間をかけて学んでいるのか?を把握できる。

入会金もないのでとりあえず試してみてダメだったら解約することができるため試してみるというハードルがとてつもなく低いのも魅力ではないだろうか。

 

手助けはするが口出しはしない

これが重要だと思う。親はスタディサプリの講師陣はともかく、学校や塾の先生よりも教えるというのは下手なので変に口出しするのは逆効果。

口出しするくらいなら見守るか、子供が最高のパフォーマンスを出せる環境を作るのが大切なのではないだろうか。

結局のところ、子供は親にやらされていると感じている限り自ら成長しようとしない。

自分で理解し成長できるように親は手助けをすることが大切なのではないかと思う。

テストの点を取ることは大切なのかもしてないが点を取るのが最終的な目的ではなく、子供にはいつまでも学び続けていく冒険に似た楽しみを感じてもらえたら嬉しい。

まとめ

勉強は苦行ではないよというのを『ドラゴン堀江』や『スタディサプリ』から僕自身も学ぶことができた。

勉強する楽しさを子供と一緒に大人も学ぶべきだなと感じた。

コメント